記事一覧

「J列-21番 コーラ」

生まれてはじめて好きなひとと行ったデートは映画だった。彼は大きいサイズのポップコーンを買ってくれて、ふたりで一緒にそれを食べながら映画を観た。確か、人類が滅亡してしまった地球にひとり生き残った主人公が奮闘するハリウッド映画で、わたしはすこし泣いた気がする。静かなエンドロールが流れるなかでその余韻に浸りきって、すっかり隣に座るひとの存在を忘れていた。ぼんやりと劇場が明るくなってふと横を向いたとき、余...

続きを読む

エンドロールの後の一瞬

まだ何かあるんじゃないかと期待するエンドロールの後の一瞬柔らかいティッシュは⽢い死神が君を⾒つけた⽇は晴れていた少しでも正しい⼈になりたくて⽩Tばかり増えていく夏逆光のせいにできずに聞き返す潮騒黙って、終わりたくない地下鉄が光の方に近づいてまた会いましょうと誓う うなずく新しい顔はもういい バタコさんきちんと死ねる心臓をくれ感情をあまり出さない君がする嬉しいときのへたなスキップほんとうにあたしでいい...

続きを読む